スイカの音

スイカ名人は、スイカを手でたたいた音でスイカの良し悪しを判定します。スイカ名人がどんな音を聞いているのか知りたくて、スイカをたたいたときに出る音を測りました。
その音は、ピアノのように間隔のそろった倍音が出ていないことがわかりました。間隔のそろわない倍音のことを、非整数倍音といいます。
この研究が発展し、「ポリゴノーラ」という平面打楽器が誕生しました。
詳しくは、バナーからどうぞ。